面接の事前準備をしておく

就職活動などが苦手な人は、あがり症になっている人もいます。

ENTRY

面接とあがり症の克服について

面接の事前準備をしておく 就職活動などが苦手な人は、あがり症になっている人もいます。人前で話しているところを想像すると緊張してきますので、ついついできないイメージを持ってしまいます。しかし、上手に克服するには、あがり症という条件反射を理解することが必要になります。面接で緊張した人は、緊張することが悪いことではないと理解することです。人前にでることが、イコール緊張するという事が普通ですが、悪いことではないと理解することです。そして、対策として人前で緊張しないようにするには、慣れる事が一番効果があります。

面接を何度も受けることが良いことではありませんが、実際に友人や家族に手伝ってもらって、面接の練習をすることです。そうすることによって面接に対する免疫ができてきますし、聞かれることなどもスムーズに答えることができるので、本番に強くなります。人前で緊張する人にとっては慣れるのは苦痛かもしれませんが、イメージトレーニングを行うことや実際に予行演習をしておくことで、心の状態をコントロールすることができます。まず想像しただけでは緊張しないという事ができますので、精神的な緊張を克服して面接に挑むことができるようになってきます。

関連サイト